「最低限の荷物」「すぐ行ける」が一人旅の醍醐味!

様々な体験をすることが出来る一人旅、今回はそんな一人旅のメリット、デメリットの考察を行っていきたいと思います。 グループで旅行に行く場合は自分以外の他の旅行仲間の時間の調整等の問題や、細かいプランを立てる必要もある為、即座に行けるということはほぼありえないのが実情です。 1人なら必要最低限の準備を行うだけで旅行に赴けるのがメリットの一つとして挙げられます。 旅行先においても自分の行きたい場所へすぐに赴けるというのもメリットです。 その一人旅で赴いた旅行先の地元の人と仲良くなれるチャンスも多くあります。 相手側からしてみると、グループで動いてる人たちには話しかけるのはなかなか難しいですが、一人なら喋りかけるのも容易となる為です。

宿泊先とトラブルは気をつけて!

なんでも行える一人旅ですが、当然のようにデメリットも存在しています。 一人旅に赴く前に宿泊先となる旅館等に予約をすると、おひとり様は断られるときもあります。 これは、宿泊先も商売であり、特に観光シーズンまっただ中だある場合等はその傾向が非常に強くなる共に、仮に宿泊可能だとしても、一泊辺りにかかる費用が、グループでの宿泊よりも割高になるケースもあるのです。 また一人旅を行っている最中にトラブルが発生した場合には、全て自分で解決しなければならないというのもデメリットの一つとして挙げられます。 一人旅は自由に行ける反面、同時に自分で考えなくてはなりませんし、時期やタイミング見計らって行動を起こさないと上述した結果になることも多いです。無計画も良いですが、周囲の動きも見て旅をした方が無難かもしれません。